ガス代を節約しよう!プロパンガス使用者におすすめのアイテム

家計管理
悩んでいる人
悩んでいる人

二人暮らしをはじめてみたけど…ガス代高くない?もうすこし抑えたいな。

毎月の支出はなるべく抑えたいものです。
家計の中でも比較的多くの割合を占める光熱費。生活する上ではどうしてもかかってしまうものですが、工夫によって節約ができます。

この記事でわかること
  • ガス代節約の方法
  • ガス代節約のために便利なアイテム

プロパンガスは高い?!

おはる
おはる

プロパンガスが高くて毎月たまげてるし泣いてるお。

我が家のガスはプロパンガスです。
わたしも今回はじめてプロパンガスの家に住んだのですが、都市ガスとは比べ物にならないくらいの請求が届いたときにはびっくりしました。
プロパンは高いと聞いていたけどこれほどとは…。
(ちなみにプロパンガスには「災害時に強い」「発熱量が高い」などのメリットもあります。)

また、テレワークで以前よりも自宅で過ごす時間が増えたことも、ガス代の上がった理由のひとつかもしれませんね。

ですが普段の生活ですこし意識をすることで、節約できる方法があります。
都市ガスの家の方にも当てはまりますので、ぜひお試しください。

カセットコンロの導入

いきなりですが、プロパンガスのご自宅でよく料理をする方はカセットコンロの導入がおすすめです!

どういうことかと言いますと、プロパンガスの家のガスコンロを使うとその度にガスの使用量が上がります。
ちょっとした炒め物であればさほど火を使う時間は長くないと思います。
ですが、茹でたり煮たり、何品もつくっているうちにガスをどんどん使用しているのです。

その火を使った調理をカセットコンロに替えておこなう方法です。
これで我が家はガス代が格段に下がりました。

初期投資としてカセットコンロ代と、ランニングコストでカセットガスボンベ代がかかりますが、
月々のコストを比較しても、こちらが節約できていました

※都市ガスの家は自宅のコンロを使ったほうが安いと思います。プロパンガスの家の場合も、ガス会社ごとに従量料金が異なりますのでシミュレーションをしてみてください。

イチオシアイテム

我が家で実際に使用しているカセットコンロとカセットガスはこちら。

※基本的にコンロが1口になるので料理効率を考える方や何品も作る方はつぎの項も合わせてご覧ください。

電子レンジ・電子ケトルを使う

電子レンジを加熱調理のときに利用することで、節約になります。

炒め物はできませんが、下茹でや汁物の再加熱などは電子レンジでおこなうと良いです

また、電子レンジレシピも最近多く出てきていますので、そちらもうまく活用しましょう♡

おはる
おはる

電子レンジレシピは光熱費節約にもなるし、なによりめっちゃ楽♡

電子レンジのほかにも電子ケトルを持っている場合にはそちらも活用しましょう。

水の状態から沸騰させる場合は、コンロで沸かすよりも電子ケトルを使用したほうが節約になります
ただ、マグカップ1杯の水の場合は電子レンジが1番お得らしいです。

イチオシアイテム

我が家のケトルはやっぱりT-falちゃん♡お手入れも楽です。

洗練されたデザインの家電を選ぶとキッチンの雰囲気もおしゃれになります。

お湯の設定温度を下げる

下げすぎては生活に支障が出てしまいますが、、、

一般的にはお風呂の湯船の温度は38〜40℃が安眠できる最適な温度と言われています。
シャワーの温度も同じく38〜40℃が頭皮や肌に負担がなくて良いです。

はじめから温度が低いとすぐに浴槽の温度が下がってしまうデメリットがあるので、
お風呂の給湯器の温度は39〜41℃くらいに設定するのが良いでしょう。

シャワーや水道のお湯を出しっぱなしにしない

給湯器の電源をつけた状態で生活をしているおうちでは、シャワーはもちろん、水道からもお湯が出ます。

出しっぱなしにすると水道代がかかるのは当然ですが、その分お湯を出すためにガス代もかかっています。
なるべく無駄使いは抑えるよう心がけましょう。

水道の水は冷たくても平気な人は、蛇口を水のほうへ回してお湯が出ないようにして使うのもありです。

おはる
おはる

おはるは熱いお湯で手を洗うのが苦手だから、いつも水で洗っているよ(皿も)

ガス会社を変更する

ここまでやってきて、最後に別の切り口からの節約方法を紹介します。

それは、ガス会社の変更を検討してみる方法です。

注意点は、賃貸(特にマンションやアパートなどの集合住宅)の場合は、個人で変更することは基本的にできないので、管理会社や大家さんに相談をしてみてください。

ガスの切り替えにはエネチェンジを利用するとさらにお得です!

ガス会社を変更せずとも、同じガス会社の中でプランを変更し、料金を安くすることもできる場合があります。ご利用のガス会社の公式ページなどを確認してみましょう。

できることからガス代を節約してみよう

ガス代の節約方法まとめ
  • 料理時にはガスコンロの代わりに「カセットコンロ」「電子レンジ」「電子ケトル」と使用する。
  • 給湯器の設定温度を下げる(下げすぎ注意!)
  • シャワーや水道のお湯は出しっぱなしにしない。
  • ガス会社を変更する。

節約は心をすり減らしておこなうことではありません。
できることからすこしずつ実践をしてみて、ゆとりのある暮らしを目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました