【やりたいことを見つけたい人へ】自己理解を深める!読みやすい自己啓発系おすすめ本3選。

HSPのライフメンタル
この記事を書いているのは・・・
おはる

20代で6回転職と2度の結婚と1度の離婚を経験。
関東圏で4回の転居経験あり。
2年半の同棲を経てバツイチ同士でゴールイン。
生きづらい世の中の「半径1メートルだけ」を幸せにする自己流メソッドを綴ります。
あなたの勇気や希望になれなくても寄り添うことだけはできるといいな。

最近、自分のやりたいことってなんだろう…と悩むことが多い

読書がそこまで得意じゃない人でも読みやすい自己啓発本ってある?

近年、副業や独立をする人が増える中、こんな悩みも多いんじゃないでしょうか。

そのもやもや〜っとした気持ち、とーってもわかります。
わたしも自分のやりたいことがわからず長い間もやもやとした期間を過ごしていました。

自己理解を深めたとしても、日々思考は変わっていくものなので、絶賛悩み中ではあるのですが、
漠然とした悩みを繰り返してときよりも、いまは自分の中で芯が1本通ったような感覚が掴めるようになりました。

そんなわたしが漠然と悩む方に読んでみてほしいと思う本をご紹介します。

※わたしは読書は嫌いではないのですが、難しい本や文字が細かくびっしり詰まっている本は苦手で、読み進めることができません。そんなわたしでもスイスイと読めた本を紹介していきますのでよかったら参考にしてみてください。

この記事は以下のような人におすすめ

✔️自分の「やりたいこと」をみつけたい

✔️読書は苦手…だけど読みやすい本なら読んでみたい

✔️自己理解を深めたい

①世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド/八木 仁平

タイトルにもある通り、自分の中にある「本当にやりたいこと」を見つけるための、メソッドがとてもわかりやすく書かれている本です。

著者の八木仁平さんの実体験をもとに、「本当にやりたいこと」をみつけ、それを目指すことの大切さも学べます。

文章中の5つのStepを読みながらワークすることで、自分の中に眠っている、
『大事なこと(価値観)』
『得意なこと(無意識な思考・行動・感情)』
『好きなこと(興味・好奇心を感じる分野)』

を掘り起こすことができ、
さらにそれらを掛け合わせることで生まれる職業、そして『本当にやりたいこと』にたどり着くことができます。

ゆっくり自分のペースでいいので、読みながら自分と向き合ってみてはいかがでしょう?

※ちなみにわたしは5日間くらいかけて読書とワークをして、Step5までたどり着き、『「書く」ことの大切さを伝える人になりたい』という夢に着地しました。

▼商品詳細はこちらから▼

②もう内向型は組織で働かなくてもいい 「考えすぎるあなた」を直さず活かす5ステップ/堤 ゆかり

「内向型コンサルタント」として活動する堤 ゆかりさんの著書です。

堤 ゆかりさんのことはTwitterで知って、「内向型」「組織」「働かなくていい」のキーワードに吸い込まれるようにこの本と出会いました。

この本は、そもそもの「内向型ってどんな性格?」という部分から、内向型の人に合った働き方や、その内容や仕事の進め方などが書かれています。

必ずしも「独立・起業」を推すものでもなく、「内向型を活かす仕事」にどんなものがあるのか知れるので、
「内向型だけど組織にいたい」という人でも、読んでみるといまより内向型を活かせるお仕事が、身近に見つかるかもしれません。

▼商品詳細はこちらから▼

③「風の時代」は好きなことで稼ぐ 私のままで輝くためのチューニング法/KIKO

「『風の時代』ってなんぞや…」「スピリチュアル系の才能ない…」と思っていても大丈夫です。
現にわたしもこちらの本で『風の時代』というものを詳しく知ったのですが、
簡単に言うと「いままでとこれからでは働き方やお金に対する価値観が、世の中全体レベルで変わってくるよ」ってことです。

これまでは「石の上にも三年」とか、「ひとつの企業に長く勤めること」とか、「辛抱すること」が社会で働く上での美徳とされてきました。(極端ですが…)

これからの風の時代と言われる時代では、「好きなことを仕事にする」「嫌なことはしない、遠ざける」と言った考え方が重要になってくる。

そしてこの本ではさらに「見えない世界のパワー」を味方につける方法が読めます。

「5年後の自分に会いに行く瞑想」だったり、「引き寄せの法則」だったり、その他KIKOさんが実際に体験したことから得た、いろんな実践方法が書かれていますので気になる方はぜひに🌝

▼商品詳細はこちらから▼

3冊とも『自分の好きなこと』『無理をしない』がキーワード

ここで紹介した3冊は、どれも文体や書体も読みやすく、ブログを読む感覚で読めるような書籍になっていました。

ワーク型になっているので、紙とペンを用意して一緒にやってみると、より発見ができるかもしれないのと、頭に入りやすくなるのでおすすめです。

3冊とも共通して
「自分の中にある”好きなこと”を見つける」
「嫌なことはやらない・無理をしない」
ということを言っているので、
これから自分に合った働き方や生き方、やりたいこと、叶えたい夢を探す人にとっては、
とっても大事な考え方なんだな〜と思いますっ!


noteでは自己啓発系の他にもわたしが読んで共感をしたり、感動した本を載せています。

読みやすくて気に入った本ばかりを読了して、感想をまとめる傾向にあるので、よかったら覗いてみてください。

はるのゆる読書きろく📚

タイトルとURLをコピーしました